死後に残った債務の支払も委任可能

 

家族などが死亡したとき、必ずしもプラスの財産ばかりが残されるわけではありません。借金を完済せずに死亡した場合など、債務を相続しなければならなくなったときの手続きは、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼することになります。死後の財産整理も委任することができますので、面倒な手続きを全て任せることが出来、事後整理がかなり楽になります。
死後の整理については、相続人の判断も必要です。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も相続してしまいますので、通常は借金しか残っていない場合には相続放棄をします。しかし、どちらもある場合には、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を按分弁済する、限定承認という方法があります。これは、残された財産を現金化して、借入額に応じて各債権者に按分弁済するという方法で、相続人が借金を負う必要がありませんし、債権者も貸し金の一部は戻ってきますので、お互いにメリットがあります。相続放棄をした結果、財産が残っていたという場合には、相続財産管理人が選任されてこのような手続きがなされることもあります。どのような方法をとるか、相続人同士でも十分に話し合った上で、方針を決めましょう。