遺言書を作成し、死後の事務も含めて一切を遺言執行者に依頼

遺言執行者とは、遺言書に書かれた内容を実現する人です。相続人の代理人として、不動産の所有権移転登記、預貯金の解約や名義変更、貸付金回収などさまざまな手続きを行います。遺言執行について相続人間の利害が対立して、協力が得られず手続きがスムーズに進まないケースも少なくありません。このような場合に、第三者の立場から、公平に遺言執行できるように設けられたのが、遺言執行者の制度です。
指名は、通常は遺言で行いますが、利害関係者からの請求で家庭裁判所が選任する場合もあります。選任しなくても遺言の内容を執行することはできますが、家族間のトラブル防止のためにも遺言で選任しておくことが賢明です。専門的知識が必要なケースもありますので、弁護士や行政書士など法律の専門家を指名するとよいでしょう。
遺言執行者の職務内容は、次のようになります。
相続人と受遺者に、就任の通知を送り、速やかに相続財産目録を作成して相続人・受遺者に公布します。遺言に認知があった場合には戸籍の届け出をし、相続財産の廃除があった場合には家庭裁判所に申し立てます。遺産を金銭で交付する場合には、遺産の売却をし、各種名義変更を行います。受遺者への財産引き渡し、相続財産の管理も行い、遺言執行に必要な行為は全て認められます。

 

Filed under: 未分類 — ライム 8:27 AM