自筆証書遺言の保管方法・保管場所

 

自筆証書遺言は最も手軽に作ることができる遺言であるため、現代でも多くの人が活用するものとなっています。
しかしこの保管に関しては遺言者自身が行う必要がありますから、ある程度注意をしておくことが必要です。
法律の中では「こういった場所に保管してはいけない」というような文言はありませんが、自筆証書遺言は死後、発見されて検認されなくては効力を発揮することがありません。
そのため、死後に必ず確認をすることとなる「通帳や証書を保管している場所」に保管するのが最も無難な保管方法と言えます。
また信用できる人に対して預けておくということも可能ですが、その際には「遺言書によって利得を獲得する人」に預けることが重要です。
遺言書の中で「Aに対しては相続しない」というようなことを記載しているのにAという人物に預けてしまったのでは、死後に破棄されてしまうリスクが出てきます。
また内容によっては相続人との関係が悪化することもあり、そうなってしまうと遺族がトラブルに巻き込まれることもあります。
そのため誰かに預けるというような場合には、その内容について説明をしておいた方が良いでしょう。
もし適切な保管場所や方法が見つからない、不安があるというような場合には、念のために公正証書遺言などの別の方式を利用することをお勧めします。

 

Filed under: 未分類 — ライム 8:28 AM