自筆証書遺言を作成する際の注意点

 

自筆証書遺言は遺言の中でも最も手軽に作成することができるものです。
しかしながら手軽に作成できる反面、その内容について確認・証明をしてくれるというような人がいないということも事実ですから、作成をする際にはいくつかのポイントに注意をしておくことが必要となるのです。
さて、それではこれを作成する際の注意点はどこにあるのかと言うと、特にチェックしたいのが「遺言者がその全文と日付、氏名を自書し、これに印を押さなくてはならない」という民法968条の規定についてです。
これは特に見落とされやすい部分です。
例え署名と捺印がしっかりされていたとしても、本文が代筆によるものであったり、ワープロによるものであったりするのであれば、それは効力を発揮しません。
またその遺言の内容を修正するという際には「修正した場所を指示し、その修正について付記をしたうえで署名を行い、かつその変更した場所に対して捺印をしなくてはならない」というような規定もされています。
そのため、作成の際にはかなり慎重な作業が求められることとなるのです。
加えて問題となるのが「死後にしっかりと見つかり、そして手を加えられないかどうか」ということも考える必要があります。
また遺言が隠匿されたり、勝手に処分されたりと言ったようなことになると、故人の遺志を証明できるものなくなってしまいますし、さらにいえば「遺言書が作成されたかどうかもわからない」という事態が発生することもあります。
そのため自筆証書と言う形で遺言を作成する際にはこうしたポイントにも注意をし、周囲に遺言の事実を教えておかなくてはならないのです。

 

Filed under: 未分類 — ライム 8:27 AM